店長の気まま日記

愛知県 小牧市のリサイクルショップ B-collection(ビーコレクション)です 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

保険金不払い問題

しかし われわれ保険金契約者は誰を信用して契約すればいいのだろうか

ぼくも お客さんに保険外交員の方が多いこともあり お願いされるままに入ってきた経緯がある
それも 万一のためにと かなり信用して

これを機に 一旦 全部解約して見直してみたいと思っている

ある意味 しがらみから 解き放たれ 一度冷静に考えてみるという機会が与えられたとも言えそうだ

日本生命保険や第一生命保険など主要12社の社長は同日相次いで会見。第一生命保険の斎藤勝利社長は「お客様にご心配とご迷惑をおかけしたことを心よりおわび申し上げます」と陳謝。

最終的な調査結果を踏まえ、経営陣の処分を含む対応を検討する方針を示した。
 3大疾病特約では、がんの告知をされていない場合など、受給できることに気づかなかった契約者や家族が請求せず、結果として、保険金を受け取っていない事例が目立った。

 また、契約者はきちんと請求したのに、生保が診断書に記載された手術を見落とし、保険金・給付金が本来の受け取り額より少なかった事例も多かった。

 生保が十分な確認をしなかったのが原因。保険料が払い込まれず保険契約が失効した際に、本来なら契約者に返すべきお金を返していなかった事例もあった。

 このほか、契約者が1種類の特約につき請求した際、同時に受給できる可能性のある別の特約を請求しなかったため、不払いかどうか現時点で判明していない契約も多い。

 契約者は、入院時に給付金を受け取れる入院特約と、退院後の通院費を保障する通院特約の両方に入っているのが一般的だが、通院特約は請求し損なうことが多く、これが大量不払いの原因となった。中にはこうした契約の半数に不払いの可能性がある生保もあり、件数、金額は今後増えるのは確実。

 生保は、契約者が請求を忘れていないかを調べる新たなコンピューターシステムや他に支払いができないかをチェックする専門部署を作るなどの再発防止策を導入予定

保険会社が、本来は契約者に支払うべき保険金を一部しか支払わなかったり、保険金の支払い請求自体を不当に拒否した問題。05年に生損保業界で発覚後、各社で多数の不払いが明らかになり、金融庁は調査命令や行政処分を出して保険金支払い体制の改善を求めてきた。

今回の生保の調査で問題となったのは、
(1)契約者が請求したのに生保側のミスで支払額が不足
(2)支払いの可能性があるのに、契約者からの請求がないため、支払っていない「請求待ち」
(3)解約返戻金や遅延利息などを払っていないもの

 日本生命保険など生命保険38社は13日、過去5年分の保険金不払いの調査結果を金融庁に報告した。

 6月末までに調査を終え、契約者への支払いが完了するのは9月末になる見込み。次々に発覚する不払いの連鎖は断ち切れておらず、消費者の生保不信が一段と高まりそうだ。

 調査を進めていたのは、手術や入院、通院など複数の給付金が掛けられていながら、1つの給付金しか支払われていなかった「支払い漏れ」と、請求を促さなかったことで不払いとなった「未請求」。

12社ですべての調査が完了したのは、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)だけだった。

 不払い金額が最も多かったのは最大手の日生で約61億円。次いで住友生命保険が約40億円、大同生命保険は件数は約3000件だったが、金額は約30億5000万円に達した。

 大量の支払い漏れが起きた原因について、日本生命の岡本圀衛(くにえ)社長は同日の記者会見で、「やはりお客さまの立場に立った事務体制などのインフラ構築が行われていなかった」と話した。

 また、第一生命の斎藤勝利社長は、「基本的にお客さまに請求漏れを起こさせないようなシステムの構築ができていなかった」と述べた。

保険金不払い問題が、底なしの様相を呈している。生命保険主要12社が13日、金融庁に報告した保険金不払いの件数は合計22万件、265億円にのぼるが、これでも「中間報告」で、なお終息の兆しがみえない。

激化する販売競争の陰で、「適切な支払いあってこその保険契約」という保険業の原点が見失われ、業界全体に契約者軽視の風潮が蔓延(まんえん)していた。
生保・損保業界では実態解明に向けた自浄努力にも鈍さが目立つ。

契約者の保険不信は深まるばかりだ。

 保険金不払い問題がここまで拡大・長期化したのは、業界全体の横並び体質にある。平成17年に明治安田生命保険での保険金不払い問題発覚後も、業界他社の危機感は薄かった。

契約者に顔を向けた経営でなく、横並びの甘い基準による自主調査に流されたことが、契約者保護政策を進める当局をあきれさせ、強制調査に踏み切らせた。

 保険商品は複雑だ。今回の生保の調査では、保険会社がきちんと説明しなかったため、契約者が保険金を請求できなかった事例が目立つ。

損保でも、自動車保険などの不払い調査を昨年9月に終えたが、支払いが複数社にまたがる「他社またぎ」が新たに判明し、調査は泥沼に陥った。

 不払い問題の拡大には、成熟した国内市場で規制緩和が進み、競争激化で顧客獲得や収益拡大を優先する事情があったと指摘されている。

 損保各社は、10年の保険自由化による販売競争の激化を受け、一斉に主契約に付随する特約の拡充に走った。「社員でも完全に把握できないほど」(大手損保幹部)の特約は、契約者を置き去りにした。

生保業界でも、「(契約者から)請求がなければ支払わず」といった自己都合の意識が横行し、不払いの理由に仕立てていった。

 13日の各社の記者会見では、「市場から退場となる危機感がある」(東京海上日動火災保険の隅修三次期社長)との声も出たが、トップから末端まで染みついた契約者軽視の意識を、全社員が変えるのは容易ではない。

 「過去のうみ」を出し切り、危機感をばねに信頼回復に努めなければ、保険業界は衰退の道をたどることになろう

生命保険会社を舞台に、保険金不払いが長期にわたり繰り返されていたことについて、金融庁は「(保険金)支払いという一番大事なところが欠落している」(山本有二金融担当相)と厳しく見ている。

「今度こそ不払い問題を終結させる」(金融庁幹部)ことを目指し、早急な支払いと原因究明の徹底を迫る構えだ。

金融庁は13日、保険金不払いに関する生命保険各社からの報告を受け、提出資料などの分析作業に着手した。

不払いの件数や金額に加え、その原因や保険金支払い管理体制などを入念に点検する。

主要各社がそろって期限内に調査が完了しなかったことに不信感も募っており、金融庁は6社に一部業務停止を命じた損害保険業界と同様、厳しい行政処分も視野に対応する方針。

、第一生命、日本生命、住友生命、明治安田生命、富国生命、太陽生命、三井生命、朝日生命、アメリカンファミリー生命、大同生命、アリコジャパン、ソニー生命の12社




スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 09:58:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<悪徳商法の種類と対処 | ホーム | 保険金不払い 客をなめんな 合法詐欺!>>

コメント

生命保険不払い問題については、クライムTVで別
な切り口で報道してる。一見の価値ありです。
アドレスはhttp://crimetv1.web.fc2.comです。
  1. 2007/04/18(水) 14:36:06 |
  2. URL |
  3. K.Sinoda #-
  4. [ 編集]

はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。
  1. 2007/06/05(火) 13:59:23 |
  2. URL |
  3. memaido #-
  4. [ 編集]

キャットフード

キャットフードを探すなら http://www.mladickrealty.com/101213/112115/
  1. 2008/09/13(土) 13:36:02 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

フェロモンと美肌とダイエット

フェロモンとは、動物の体内で生産され体外へ分泌されそのにおいで異性や仲間を集めることを目的とした成分です http://pachuco.victoriaclippermagazine.com/
  1. 2008/10/15(水) 08:31:51 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

中小企業診断士

中小企業診断士とは、経営コンサルタントとしての能力を認定する経済産業省管轄の国家資格 http://zip.stepuptechnologies.com/
  1. 2008/12/11(木) 06:21:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bcollection.blog74.fc2.com/tb.php/34-8c84abd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保険金の記事

最新年金保健情報をお届けします!保険金前払特約以前、生命保険の買い取りはできるか、できないかで裁判になった例があります。司法の判断では、できないという結論が現時点ではでました。死亡保険金を売買して、現在
  1. 2007/10/27(土) 20:43:40 |
  2. 最新年金保健情報

プロフィール

bcollection

Author:bcollection
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。